やのかおり/セラピスト

・スピリチュアルヒーラー
・クォンタムタッチⓇプラクティショナー
・経絡リンパフェイシャリスト
・表情筋矯正インストラクター
・スキンケアアドバイザー
・ホルミシスケアⓇ セラピスト

 

2005.11月に ヒーリングセンター爽のヒーラー養成講座1期生として卒業。
図書館で何気なく手に取った冒険小説。この本が面白くて夢中で読みました。
その本は、ジェームス・レッドフィールド氏の書いた「聖なる予言」、それがスピリチュアルな世界を知ったきっかけです。
本を読み終えて まもなく・・ インターネットのサイトより 導かれるように『聖なる予言』翻訳者 山川氏の講演会を拝聴しました。
その講演会を企画・運営していたのが、栃木県小山市にあったヒーリングセンター爽でした。
もしかして、ワークショップで学べば、木や人のエネルギーって見れるのかも?・・そんな感じで、ヒーリングを学びました。

 

そして・・ヒーリングを受けてみると・・とても気持ちがいい
この気持ち良さを他の人にも知って欲しいなぁ、そんな感じで先生のお手伝いをしながら、ヒーリングを広げる活動をしていました。
その過程で、クォンタムタッチの本と出逢いクォンタムタッチを学びました。
ヒーリングセンター爽で学んだヒーリングは、チャクラを調整し、身体のエネルギーバランスをとり、必要なエネルギーを通すことでした。

クォンタムタッチはというと、クォンタムタッチは痛みを緩和することと、骨格のバランスを調整することに長けた手法です。
また、クォンタムタッチはさまざまな応用が利き、どこでも使えるのが利点です。米国では医師や看護師も医療の現場で実践している手法です。
その後、先生から離れて、レンタルサロンや公共の会議室をお借りして、または遠隔ヒーリングにて個人で活動するようになりました。

 

しばらくして、お客様から 「ヒーリングを美容に活かして欲しい」との要望を受けて、2012年7月【経絡リンパトリートメント】と【表情筋矯正】を学びました。

カッサーラとの出逢いは、2015年4月です。
私は前年の秋に父をガンで亡くしました。
父の看病や病院の付添いは、私が主にやっていました。
そのこともあり、抗がん剤でどんどん弱っていく父を間近でみていました。
だから、父を亡くしてからも病院の治療以外でガンを治すことができないかをインターネットで調べていました。
そして、ミトコンドリアが鍵を握っているのではないか?と調べているとケイ素がヒットしました。
そこから、ケイ素で出来ているカッサーラを知りました。

そして、カッサーラ工房の木村氏の話を聞くと、「あぁ父が居るときに、もっと早くカッサーラと出逢いたかった」って本気で思いました。
アングレイスでカッサーラはじめケイ素製品を取り扱いってからも、お客様からビックリするような嬉しい体験がどんどん届くようになりました。
痛みの緩和、治癒力アップなど、それから、お顔のリフトアップや小顔の施術にしてもカッサーラは、短時間でビックリするような成果をあげてくれます。

 

また、2016年から2017年にかけて日本スキンケア協会や ミニオンの ホルミシスケア® をで学ばせていただいています。
それまでホルミシスという言葉も知らなかった私ですが、ホルミシス効果の可能性には大きな期待と確信を持っています。

これからもよろしくお願い致します。

小顔とリンパケアのミニオンサロン アングレイス